So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳千句第五  賦青何連歌百韻  初折裏    2014.6.25-

xanthi1.jpg

    ふりむけば佛さやかに立ちたまふ            風

    おん手の魚篭にいをのいろいろ      草

   水の音たどる歩みのほそぼそと       香

    我が恋ふるひと小野のわたりに      舎

   ひつそりときぬぎぬすぎて眉を刷く     路花

    結べど消ゆる庭の初霜           歳

   冬の蝶物思ふがに静もれる          梯

    みやび忘れし鄙のいくとせ         羽衣

   ゆくすゑもすぎにしかたも水のごと      草

    起き直る日の山の紫            風

   月をたゞ花のあはひに眺めんと        舎

    里の宴に香る白酒             香

   のどけくも民のかまどはけぶり立ち       歳

    歌よみの文枕辺におき           花 

 


      

                                    <進行表はこちら>

  

  

            


コメント(39)