So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳千句第五  賦青何連歌百韻  二折表    2014.6.25-

yasainofune1.jpg

   永らふる命の涯の物狂ひ            衣

    問へど応へぬ鳥ぞ悲しき            梯

   しみじみと山家に弦の響く夜           歳

    梓弓はるもののふの影             草

   流されし身にいくたびの雪ぞ降る         風

    隠岐の水草を枯らすよこかぜ         舎

   冬ごもりするものありや岩のうろ         香

    訳さまざまに奥駈道を              歳

   脚萎えの人に連れそふ童子ゐて        花

    御衣の薫りゆかしくもあり            衣

   訶梨勒のひも鮮かに真木柱            梯

    しづのをだまきめぐりくる秋           歳

   ため息に露けき袖を後の月            草

    戻らぬ猫を思ふやや寒              風
          





    



 

       

  

                                    <進行表はこちら>


コメント(30)