So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳千句第五 賦青何連歌百韻 四折表  2014.6.25―

blueberyM.jpg

    徒臥の髪つくよみにかがよへり          月

     真葛が原の風しのびやか            草

    いつよりか社に赤き領巾の鳴る          風

     そばへに濡るゝ市のひとむら           舎

    盃をさしあふ人のさらぬかほ            香

     凪ぐる海路に夏の日は落ち            歳

    舳にていづこ眺むる白き鳥             花

     生き死にあまた見やり過ぐして          衣

    蓮の骨うつろふ時世かなしとぞ           梯

     しぐれ心地にあはき墨の香            月

    しのばるるあまつをとめの駿河舞         草

     挿頭(かざし)は風のたはむれを知り      風

    かけはしの上なる雲のたちはなれ         舎

     山なみだけは昨夜(きぞ)のごとくに       香 






      
  

  

                                    <進行表はこちら>


コメント(44)