So-net無料ブログ作成

電脳千句第六  賦御何百韻  初折裏  2015.7.24~

 stage.jpg        

     まなかひに和ぎてしづもる鳰の湖        蘭舎

     忘れ形見を山へあづけて            衣

    ひとかひの後ついてゆく市女笠         草

     わざうたとほく雪まぜに聞き           香

    銀(しろがね)のちろりに酒を調へて       風

     襲(かさね)の色のすみれ匂やか       梯

    春の野に立つ吾妹子のなまめける        歳

     時へだつればうつろへる花           花

    釣釜に松の韻(おと)きく夕まぐれ         月

     風吹きあへぬ寂しさの果て            舎

    手習ひの筆の遊(すさ)びのうたなれば      衣

     壽(いのちなが)くと選ぶ言の葉          草

    まろらかな月に誘はれたもとほる          香

     すなどる村は秋の眠りに              風
      



  


           


      

       

      

                      

          <進行表はこちら>


コメント(52)