So-net無料ブログ作成

電脳千句第六 賦御何百韻 二折裏  2015.7.24~

tohaku6.jpg        

  とてもたつうき名をあだにかへもせで      衣

   久しかりつるささがにの卜( うら)        草

  さざれみづいつか早瀬にあふものを       香

   ひとくひとくと鳴くものを見に         風

  白梅の香のみ残せる空屋敷          梯

   西へ送らん花のたよりを           歳

  夕星(ゆふづつ)の野火の烟のあはいより     花

   連なる嶺のむらさきに溶け          月

  老いぬれば道をいづくとわかねども        舎

   笈に秘めたるみほとけの笑み          衣

  白雲のいくつ鏡のうみに浮き            草

   あこやの珠の聞きし波音             香

  寝ねおつるしじまを抜けてゆきし月          風

   棉吹く畑のしるきあけがた            梯



 

                       

            <進行表はこちら>


コメント(48)