So-net無料ブログ作成

電脳千句第六 賦御何百韻 三折表  2015.7.24~

konan.jpg

  ふり返ることのみ多き秋の道         歳

   あはれ優しき文でありしに          花

  魂のあくがれ歩(あり)く地の極(はたて)      月

   蜘蛛の巣こぼれのこりたる館(たち)      舎

  枢(とぼそ)落ちまばゆき光り差し込みぬ     衣

   鳥船絵巻ひもとかれゆき           草

  空言(むなこと)をふはり飛ばせしあまり風     香

   きこしめしては泳ぎ出す君          風

  身をまかせ流るゝままに雲に問ふ         梯

   はやも日は暮れ鐘もかすみて         歳

  わび住まい貌よ鳥など啼くを待ち         花

   八重山吹にしのぶ歌びと           月

  蛙にもたはぶれせむとや蓑かさむ        舎

   翌なき春をてらす月の出           衣 

         

                <進行表はこちら>


コメント(45)