So-net無料ブログ作成

電脳千句第六 賦御何百韻 三折裏  2015.7.24~

tohaku17 (2).jpg
     
  餞にますらをぶりの涙ぐみ           草

   音に聞きしは大地(おほつち)の破れ      香

  よにふれば心のひだも衣がへ          歳

   力草こそ今は頼りと             梯

  わざをぎのわざもむなしきことと知り       風

   戯れ遊び野に寝ねしとは          花

  真清水のいのちあらたに流れ出で       月

   富士の根語るこゑも懐かし         舎

  神の如いでまし鬼の如かくれ          衣

   冬めく空をまらうとの月            草

  木枯しにものや思ふと問はれしか         香

    すぎゆくものはかくも美し            風

  この花に古人の声をきく             梯

   その折々の春やさまざま            歳
     

     

                      

                  <進行表はこちら>


コメント(55)