So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳千句第六 賦御何百韻 四折表 2015.7.24~

kitainrakan2000.jpg

そねみとふ悲しきこころ雪解川         花

    陽炎揺れて消ゆる幻            月

   このあたり破れたる笠の捨て処         舎

    手づから植うる一本の苗           衣

   目つむればいつしか母に抱かるる        草

    ふと先の世の繰り言をきき           香

   ほとびたる乾飯のみの朝餉にて         風

    夏行の僧のよろよろと立つ           梯

   人はみな己のうちに木下闇           歳

    夕立つ雲のすこし遠のき            花

   国引の丘より望む海凪ぎて           月

    月に浮かぶは浦のとも舟           舎

   焦がれしをいなおほせ鳥つかはされ       衣

    忘れ扇を美濃の国まで           草 

      


 

 

                      

<進行表はこちら>

 

 


コメント(51)