So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳千句第六 御何百韻 四折裏 2015.7.24~2016.9.16

hinangoya.jpg

   墨にほふふところ紙や秋の風      香

    くさの名に似る女童の名も      風

   うす紅の細長に濃き袿(うちき)着て  梯

    帆上げ出づればかすむ島影      歳

   のどらかに途切れとぎれの水主の唄   花

    引きゆく鶴の餞とせむ        月

   花あかり奥へ奥へとしたふ道      舎

    筑波はるかに仰ぎ見る春       衣

     

<進行表はこちら>


コメント(35)