So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳千句第7  賦何水百韻  二折表  2016.10.24~

bakerypaul.jpg       

     憂きことの重なるあした霜白く          花

      心づよきは老いの方人(かたうど)       梯

     此の山を越えば信濃のつかまの湯       舎

      み寺のいらか若葉がくれに           草

       連れ立ちてつつましげなる蝸牛     香

        たはむれせんと生れ出づる世         風

     たらちねの母の刺し子の麻の葉も       姫

      片時去らず想ふよすがに           月

     鮎落ちて京(みやこ)に近き皿の上       衣

      訪ふ里の鶉鳴く宿                歳

     琵琶の音に誘はれ仰ぐのちの月        梯

      揺らす人なき柴の戸の揺れ           花

     うつし世にかなはぬ恋と知りながら       草

      なみだの川に架かる継ぎ橋           舎
        




    

 

  

                    

進行表はこちら


コメント(54)