So-net無料ブログ作成

電脳千句第7  賦何水百韻  二折裏  2016.10.24~

GCollection3.jpg

     くたびれて寝ぬる合間を夕さりぬ          風

     事あり顔を見るも見ざるも              香

    まほらまの山辺のみち鐘かすみ           月

     水温むころ旅立ちし人                姫

    墨染めに花のひとひら舞ひおちて          歳

     夢のまにまに蝶のたはぶれ             衣

    髪さげし乙女子の声はんなりと            花

     撫で育てしを奪ひゆくきみ              梯

    夏にたゞ隔てじと慣へども              舎

     あけやすき夜の月はいづちに            草

    ひたひたと山の魑魅(すだま)の近づくや       香

     いをなどを食ふ者のすさまじ             風

    外つ國の銀(しろがね)の匙磨きつつ         姫

     閼伽水汲める古渡りの椀(まり)           月
        
         


         



                    

進行表はこちら


コメント(53)