So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月21日| 2017年05月16日 |- ブログトップ

電脳千句第7  賦何水百韻  三折表  2016.10.24~

tohaku17.jpg


        微かなるいくさの声は風に乗り         衣

        ひとのこころのやみのふかさよ        歳

       やがてみな西の涯へと往くものを        梯

        声も細りし冬の蚊なれば            花

       黒髪の冷たく重く寝もやらで           草

        ぬば玉の夜の衣返しつ             舎

       うたてしと起きて来る子のしらみぐさ         風

        秋のいで湯に流すしがらみ           香

       産土神の千木に遊べる昼の月          月

        かそけき音は光より生(あ)れ          姫

       歌よみのあづま下りのつらねうた         歳




     


    僅か(はつか・白く)濁れるもてなしの酒      羽衣
    濁れる酒を一献二献と
    いにしへ偲び仰ぎ見る山
    途切れ途切れのえにし辿りて
    不二も筑波もひとり聳ゆる
    不二にむかへば泪ひたぶる


 



この後の付け順は

   路花→夢梯→蘭舎→千草→遊香→梢風→朝姫→如月→羽衣→楽歳

                    

 

進行表はこちら

 




   

コメント(47) 
2017年03月21日| 2017年05月16日 |- ブログトップ