So-net無料ブログ作成

電脳千句第六 賦御何百韻 四折表 2015.7.24~

kitainrakan2000.jpg

そねみとふ悲しきこころ雪解川         花

    陽炎揺れて消ゆる幻            月

   このあたり破れたる笠の捨て処         舎

    手づから植うる一本の苗           衣

   目つむればいつしか母に抱かるる        草

    ふと先の世の繰り言をきき           香

   ほとびたる乾飯のみの朝餉にて         風

    夏行の僧のよろよろと立つ           梯

   人はみな己のうちに木下闇           歳

    夕立つ雲のすこし遠のき            花

   国引の丘より望む海凪ぎて           月

    月に浮かぶは浦のとも舟           舎

   焦がれしをいなおほせ鳥つかはされ       衣

    忘れ扇を美濃の国まで           草 

      


 

 

                      

<進行表はこちら>

 

 


コメント(51) 

電脳千句第六 賦御何百韻 三折裏  2015.7.24~

tohaku17 (2).jpg
     
  餞にますらをぶりの涙ぐみ           草

   音に聞きしは大地(おほつち)の破れ      香

  よにふれば心のひだも衣がへ          歳

   力草こそ今は頼りと             梯

  わざをぎのわざもむなしきことと知り       風

   戯れ遊び野に寝ねしとは          花

  真清水のいのちあらたに流れ出で       月

   富士の根語るこゑも懐かし         舎

  神の如いでまし鬼の如かくれ          衣

   冬めく空をまらうとの月            草

  木枯しにものや思ふと問はれしか         香

    すぎゆくものはかくも美し            風

  この花に古人の声をきく             梯

   その折々の春やさまざま            歳
     

     

                      

                  <進行表はこちら>


コメント(55) 

電脳千句第六 賦御何百韻 三折表  2015.7.24~

konan.jpg

  ふり返ることのみ多き秋の道         歳

   あはれ優しき文でありしに          花

  魂のあくがれ歩(あり)く地の極(はたて)      月

   蜘蛛の巣こぼれのこりたる館(たち)      舎

  枢(とぼそ)落ちまばゆき光り差し込みぬ     衣

   鳥船絵巻ひもとかれゆき           草

  空言(むなこと)をふはり飛ばせしあまり風     香

   きこしめしては泳ぎ出す君          風

  身をまかせ流るゝままに雲に問ふ         梯

   はやも日は暮れ鐘もかすみて         歳

  わび住まい貌よ鳥など啼くを待ち         花

   八重山吹にしのぶ歌びと           月

  蛙にもたはぶれせむとや蓑かさむ        舎

   翌なき春をてらす月の出           衣 

         

                <進行表はこちら>


コメント(45) 

電脳千句第六 賦御何百韻 二折裏  2015.7.24~

tohaku6.jpg        

  とてもたつうき名をあだにかへもせで      衣

   久しかりつるささがにの卜( うら)        草

  さざれみづいつか早瀬にあふものを       香

   ひとくひとくと鳴くものを見に         風

  白梅の香のみ残せる空屋敷          梯

   西へ送らん花のたよりを           歳

  夕星(ゆふづつ)の野火の烟のあはいより     花

   連なる嶺のむらさきに溶け          月

  老いぬれば道をいづくとわかねども        舎

   笈に秘めたるみほとけの笑み          衣

  白雲のいくつ鏡のうみに浮き            草

   あこやの珠の聞きし波音             香

  寝ねおつるしじまを抜けてゆきし月          風

   棉吹く畑のしるきあけがた            梯



 

                       

            <進行表はこちら>


コメント(48) 

電脳千句第六 賦御何百韻 二折表  2015.7.24~

egyptian2.jpg

       
      
病む雁の落ちゆく涯を思ひみる            梯

      何を求めて出でしふるさと               歳

     夢なれや吾を愛子(まなこ)と呼びし声         花

      蓬が島に亀憩ふとか                   月

     はるかなる雲にたゆたふ宝船               舎

      小松引きたる宴(うたげ)なつかし            衣

     衣手に触るれば消ゆる春の雪               草

      野にも人にもあへしらふ朝                 香

     萱葺くもゆひの力のまざまざと               風

      稲穂の波の黄金かがやく                 梯

     ざざめきて鄙も都も秋の月                  歳

      けふの円居(まとゐ)の幸(さ)くあれかしと       花

     笠のままよどみなく詠む連ね歌               月

      風に染まなむ恋ざめの酒                  舎
     

       



  


 





  

     

                      

          <進行表はこちら>

      


コメント(45) 

電脳千句第六  賦御何百韻  初折裏  2015.7.24~

 stage.jpg        

     まなかひに和ぎてしづもる鳰の湖        蘭舎

     忘れ形見を山へあづけて            衣

    ひとかひの後ついてゆく市女笠         草

     わざうたとほく雪まぜに聞き           香

    銀(しろがね)のちろりに酒を調へて       風

     襲(かさね)の色のすみれ匂やか       梯

    春の野に立つ吾妹子のなまめける        歳

     時へだつればうつろへる花           花

    釣釜に松の韻(おと)きく夕まぐれ         月

     風吹きあへぬ寂しさの果て            舎

    手習ひの筆の遊(すさ)びのうたなれば      衣

     壽(いのちなが)くと選ぶ言の葉          草

    まろらかな月に誘はれたもとほる          香

     すなどる村は秋の眠りに              風
      



  


           


      

       

      

                      

          <進行表はこちら>


コメント(52) 

電脳千句第六 賦御何百韻 初折表  2015.7.24~

tohaku16.jpg

 
    空蝉の見果てぬ夢や明けの空       羽衣

     けふ咲き初めし垣のうの花       千草

    水ぎはに誘はれのんど潤して            遊香

     風の降り来る石山のかげ             梢風

    白き径照らして早も月上る              夢梯

     やがてむら雲遠く稲妻               楽歳

      烏瓜賎が家に灯をともすごと             路花

     もの炊ぐ香の厨口より                如月                
      



  

 

                      

<進行表はこちら>


コメント(27) 

電脳千句第五 賦青何連歌百韻 四折裏  2014.6.25―2015.8.16

hananonami.jpg

     奥処(おくか)よりながれ落ちたる花の波     月

      舟人(ふなびと)去りし櫓にとまる蝶        衣

     かげろふを追ひて夢へと誘はれ          草馬

      戦なき星祈る月影                   梯

     故里は色鳥わたるころならん             舎

      急ぐ旅路のこの秋の暮                歳

     われも又をのこのすなるつらね歌          風

      茶を点て語るほがらかなこゑ            香      

                          <進行表はこちら> 


コメント(3) 

電脳千句第五 賦青何連歌百韻 四折表  2014.6.25―

blueberyM.jpg

    徒臥の髪つくよみにかがよへり          月

     真葛が原の風しのびやか            草

    いつよりか社に赤き領巾の鳴る          風

     そばへに濡るゝ市のひとむら           舎

    盃をさしあふ人のさらぬかほ            香

     凪ぐる海路に夏の日は落ち            歳

    舳にていづこ眺むる白き鳥             花

     生き死にあまた見やり過ぐして          衣

    蓮の骨うつろふ時世かなしとぞ           梯

     しぐれ心地にあはき墨の香            月

    しのばるるあまつをとめの駿河舞         草

     挿頭(かざし)は風のたはむれを知り      風

    かけはしの上なる雲のたちはなれ         舎

     山なみだけは昨夜(きぞ)のごとくに       香 






      
  

  

                                    <進行表はこちら>


コメント(44) 

電脳千句第五 賦青何連歌百韻 三折裏  2014.6.25―

 shiraitonotaki.jpg

     事なしぶ髪をけづりて朝月夜             香

      恋に浮かるるころは過ぎても            歳

     鄙なれば手向けの花も探しかね           花

      首途をかざる鶯の声                 衣

   たび人も愁ひも春の風のなか        梯

     いにしへ偲びめぐる八橋         月

   さらはれていくかに空の白雲の       草

    牛も来て飲むつくばひの水        風

   あな尊とひかりこぼせる柿若葉       舎

    絵扇ごしに影をうかがひ         香

   殿ばらが裾ひるがへす鞠の庭        歳

    三人集へばはしたなき声         花

   思ふとも思ひのほかの通せん坊       衣

    頼みをかくるかささぎの羽        梯
     

       
 

       

  

                                    <進行表はこちら>


コメント(43)