So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳千句第五  賦青何連歌百韻  初折裏    2014.6.25-

xanthi1.jpg

    ふりむけば佛さやかに立ちたまふ            風

    おん手の魚篭にいをのいろいろ      草

   水の音たどる歩みのほそぼそと       香

    我が恋ふるひと小野のわたりに      舎

   ひつそりときぬぎぬすぎて眉を刷く     路花

    結べど消ゆる庭の初霜           歳

   冬の蝶物思ふがに静もれる          梯

    みやび忘れし鄙のいくとせ         羽衣

   ゆくすゑもすぎにしかたも水のごと      草

    起き直る日の山の紫            風

   月をたゞ花のあはひに眺めんと        舎

    里の宴に香る白酒             香

   のどけくも民のかまどはけぶり立ち       歳

    歌よみの文枕辺におき           花 

 


      

                                    <進行表はこちら>

  

  

            


コメント(39) 

電脳千句第五  賦青何連歌百韻  初折表    2014.6.25-

steinway.jpg

  篳篥のゆらぐ音色や梅雨に入る        夢梯

   泉殿にはあはき人かげ           楽歳

  集ふともなくかたがたの集ひ来て       千草

   籠に鳴かせる鳥のめづらか         梢風

  けふが日も森から森へたそがれぬ       蘭舎

   ひとり静かに茶をたててゐる        遊香

  雲はらふ風のまのまの月の影          歳

   閉せる門に荻のささやき           梯
       


     


          
   
  



     

                   <進行表はこちら>





 


コメント(17) 

電脳千句 第四 連歌賦何木百韻 2012.4.21-2014.3.30

 pottery.jpg

001  待つほどに深山も花のさかりかな     楽歳

002  霞をわけて春の旅人           千草

003  かたらひの長閑になれる船路に      梢風

007  風のすがたの見ゆる川上        蘭舎

005  月影を砕くさゞ波音もなく           夢梯

006  すすきの露をこぼすまつむし        歳

007  やや寒に炊ぎの煙ほの青く          草

008  子の声さはに山裾の秋            風

一裏

009  ひのくれは里のけはひもやはらかく         舎

010 途切れがちなる木魚漏れくる           梯

011  五月雨の堂降り籠むる平泉           歳

012  はなたちばなの香るたまづさ           草

013  忘らるること忘れ得ぬもの千々に           風

014  またねの枕なほも恨みつ              舎

015  生き霊となりて繋がむこの先は            梯

016  こがね争ひおくれとりたり              歳
       

017  つぎなるはかの燕の子安貝              草

018  霞より生れいづる白船                風

019  むかしはといふ身の春の暮れそめて         舎 

020  さしかけられし傘のうれしさ             梯

021  月今宵あひみる人の美しき               草

022  かひなにつつむ手枕の秋              歳


     
二表

023  携へて辿る野末の露しとど              梯

024  こゆべき山に鹿ぞ鳴くなる             舎

025  しづのをの学ぶこころの尊けれ            風

026  ふでかみすずり墨の清らか            草

027  ゆゑありて船を送るとふみの来て          歳

028  つはものつかさ額をあつめる           梯

029  吹きむすぶ月影しろき枯野中             舎

030  風におされて鷹のあゆめる            風

031  うたびとの心ほがらにありぬべし           草

032  のどけき空のまためぐり来ぬ            歳

033  何処へか雲間をよぎり竜の影             梯

034  国の蛙は戦はじむる                 舎

035  盗まれてぬすみ返せし花の池             風

036  たはむれに画を描く僧正              草

二裏

037  経読むは歌も連歌もあきたゆゑ            歳

038  気儘な旅に立出づる夢                 梯

039  朝焼に遠きみやこをまた思ふ             舎

040  水の匂ひの夏をのせくる                 風

041  行く川のわが笹舟のあやふげに            草

042  きみぞたよりと離さじの袖                梯

043  恋はみな峰にさかるるちぎれ雲              歳

044  奥のしぐれを何と見るらむ                 風

045  関の戸は尋ねまほしき白河の              舎

046  牧はおぼろにをちこちの駒                草

047  ふはふはと絮を飛ばして鼓草              梯

048  筆はすすまず永き日も暮れ               歳

049  たたなづく霞の中にうかぶ月               風

050  たゞほのかなる空木(うつほぎ)の影          舎


三表

051  鐘の音数ふるうちのうたた寝に              草

052  心の緒ろのやがて解けゆく                梯

053  ひさびさに山のいで湯のほととぎす            歳

054  ひと雨あれば田を植うる日に                風

055  物縫ひて結び忘れし糸の尻                 舎

056  やごとなき名をいただきし猫                 草

057  たまゆらの出会ひに胸の高鳴りて             梯

058  やがて二道かくる今様                     歳  

059  言の葉に吹く風裏と表見せ                  風

060  よきもあしきも霧にまぎれて               舎

061  真葛原うねりの果に灯の幽か              梯 

062  月と鼓とこころ一つに                   風

063  古の聖をしのぶ柱にも                   草

064  我にかへれば霜のおとなひ              舎

三裏

065  明くる夜の鶏の凍れる声をきく             歳

066  茜の空に何を祈らむ                   梯

067  きたへたる玉の鋼を研ぎあげて            風

068  ふつのみたまの太刀ぞ畏し               草

069  富士に添ふ浦はいづれもかたちよく          舎

070  松の緑に煙ひとすじ                    歳

071  野点する釣釜の声風の声                梯

072  いらへのどかに尼たちのゑみ              風

073  近衛には八重に七重に花車               草

074  にほひいたらぬ里はあらじと               舎

075  秋しぐれ丘の錦をかけおりる               歳

076  日々細りゆく蟋蟀のこゑ                  梯

077  満ち欠けの不思議を月に問ふてをり           風

078  父母知らず十七となり                   草

名表 

079  常夏のはつかに匂ふ比翼塚               舎

080  ひとへぎぬにも移り香のこく                歳

081  声低きものをこはがること久し              風

082  とぼそを叩くかぜの暮れ方                歳

083  旅立ちの訳を猫にもねんごろに             草

084  けふはきのふのあだし身にして             舎

085  流れゆき変りゆく世々飛鳥川              梯 

 086  いを捕りながら後生いのらめ              風

087  夕霧のはれゆく彼方月ありて               歳 

088  願ひの糸の紅のひとすぢ                  草

089  逢ひ見てののちのまことか思ひ草            舎

090  茶の香残れるをだまきの盌                梯

091  鳥声に似たる翁のうとまれて               風

092  枯れた泥田で蓮根掘る日々                歳

名裏


093
  曼荼羅のかたじけなさを伏し拝み             草

094  しきみの枝の香にむせびつゝ                舎

095  ひとつ鐘峡にひびかせ彼岸へと              梯

096  水の清らを映す朝日に                   風

097  泉よりせせらぎ早瀬やがて海                歳

098  たなごころより飛びたてるてふ               草

099  ふり返り見れば一村花の雪                 舎

100  ただ吹き透る春惜しむ風                 梯

                           <進行表はこちら> 

                          


コメント(1) 

賦何木連歌百韻(電脳網千句第四番) 名残裏

hanami.jpg

     曼荼羅のかたじけなさを伏し拝み      千草

       しきみの枝の香にむせびつゝ       蘭舎

     ひとつ鐘峡にひびかせ彼岸へと       夢梯

       水の清らを映す朝日に          梢風

     泉よりせせらぎ早瀬やがて海        楽歳

       たなごころより飛びたてるてふ      千草

   
          

       
     ふり返り見れば一村花の雪          蘭舎
       

       吹き抜けるのみ春惜しむ風        夢梯



        

                          

                                   <進行表はこちら> 


コメント(20) 

賦何木連歌百韻(電脳網千句第四番) 四折表

kenrokuen.jpg

   常夏のはつかに匂ふ比翼塚       蘭舎

     ひとへぎぬにも移り香のこく      楽歳

   声低きものをこはがること久し      梢風

     とぼそを叩くかぜの暮れ方      楽歳

   旅立ちの訳を猫にもねんごろに     千草

     けふはきのふのあだし身にして   蘭舎

   流れゆき変りゆく世々飛鳥川      夢梯 

      いを捕りながら後生いのらめ     梢風

   夕霧のはれゆく彼方月ありて      楽歳 

       
     願ひの糸の紅のひとすぢ       千草

   逢ひ見てののちのまことか思ひ草   蘭舎

     茶の香残れるをだまきの盌     夢梯

   鳥声に似たる翁のうとまれて      梢風

     枯れた泥田で蓮根掘る日々     楽歳
   

             

    


              
       

  

              

              

                          


コメント(30) 

賦何木連歌百韻(電脳網千句第四番) 三折裏

shop20131010.jpg    

   明くる夜の鶏の凍れる声をきく         楽歳

     茜の空に何を祈らむ             夢梯

   きたへたる玉の鋼を研ぎあげて        梢風

     ふつのみたまの太刀ぞ畏し         千草

   富士に添ふ浦はいづれもかたちよく      蘭舎

     松の緑に煙ひとすじ              楽歳

   野点する釣釜の声風の声           夢梯

     いらへのどかに尼たちのゑみ       梢風

   近衛には八重に七重に花車          千草

     にほひいたらぬ里はあらじと        蘭舎

   秋しぐれ丘の錦をかけおりる          楽歳

     日々細りゆく蟋蟀のこゑ           夢梯

   満ち欠けの不思議を月に問ふてをり      梢風

     父母知らず十七となり            千草

 

                      

                           <進行表はこちら> 

 

 

 

 


コメント(29) 

賦何木連歌百韻(電脳網千句第四番) 三折表

hikarigokapark.jpg

   鐘の音数ふるうちのうたた寝に       千草

      心の緒ろのやがて解けゆく       夢梯

   ひさびさに山のいで湯のほととぎす     楽歳

      ひと雨あれば田を植うる日に      梢風

   物縫ひて結び忘れし糸の尻          蘭舎

      やごとなき名をいただきし猫      千草

   たまゆらの出会ひに胸の高鳴りて      夢梯

      やがて二道かくる今様          楽歳

   言の葉に吹く風裏と表見せ          梢風

      よきもあしきも霧にまぎれて       蘭舎

   真葛原うねりの果に灯の幽か         夢梯 

      月と鼓とこころ一つに            梢風

   古の聖をしのぶ柱にも              千草

     我にかへれば霜のおとなひ         蘭舎
      
           
        

     


      
     

               

               

                            <進行表はこちら> 

             

                           


コメント(32) 

賦何木連歌百韻(電脳網千句第四番) 二折裏

 shibusawagarden.jpg

   経読むは歌も連歌もあきたゆゑ     楽歳

     気儘な旅に立出づる夢        夢梯

   朝焼に遠きみやこをまた思ふ      蘭舎

     水の匂ひの夏をのせくる        梢風

   行く川のわが笹舟のあやふげに     千草

     きみぞたよりと離さじの袖        夢梯

   恋はみな峰にさかるるちぎれ雲      楽歳

     奥のしぐれを何と見るらむ        梢風

   関の戸は尋ねまほしき白河の        蘭舎

     牧はおぼろにをちこちの駒        千草

   ふはふはと絮を飛ばして鼓草        夢梯

     筆はすすまず永き日も暮れ       楽歳

   たたなづく霞の中にうかぶ月        梢風

     たゞほのかなる空木(うつほぎ)の影  蘭舎
        


      
     

                        

                           

                              <進行表はこちら>  

 


コメント(38) 

賦何木連歌百韻(電脳網千句第四番) 二折表  2012.4.28~

fallenleaves.jpg

   携へて辿る野末の露しとど              梯

     こゆべき山に鹿ぞ鳴くなる             舎

   しづのをの学ぶこころの尊けれ            風

     ふでかみすずり墨の清らか            草

   ゆゑありて船を送るとふみの来て          歳

     つはものつかさ額をあつめる           梯

   吹きむすぶ月影しろき枯野中             舎

     風におされて鷹のあゆめる            風

   うたびとの心ほがらにありぬべし           草

     のどけき空のまためぐり来ぬ            歳

   何処へか雲間をよぎり竜の影             梯

     国の蛙は戦はじめる                 舎

   盗まれてぬすみ返せし花の池             風

     たはむれに画を描く僧正              草


    
     


          


                      

                           <進行表はこちら>   


コメント(31) 

賦何木連歌百韻(電脳網千句第四番) 初折裏  2012.4.28~

 sunsettime.jpg

   ひのくれは里のけはひもやはらかく         舎

     途切れがちなる木魚漏れくる           梯

   五月雨の堂降り籠むるきのふけふ          歳

     はなたちばなの香るたまづさ           草

   忘らるること忘れ得ぬもの千々に           風

     またねの枕なほも恨みつ              舎

   生き霊となりて繋がむこの先は            梯

     こがね争ひおくれとりたり              歳
       

   つぎなるはかの燕の子安貝              草

     霞より生れいづる白船                風

   むかしはといふ身の春の暮れそめて         舎 

     さしかけられし傘のうれしさ             梯

   月今宵あひみる人の美しき               草

     かひなにつつむ手枕の秋              歳
     



     
 

                                

                           <進行表はこちら>     

 

 

 


コメント(39)