So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電脳千句第7 賦何水百韻 四折表  2016.10.24~

pacifico.jpg


   引鶴に絡繰り唐子逆立し             月

    かいやぐら消え雲の棚引く           姫

  この浦に漁り小舟を漕ぎ出して          歳

   糸たぐり寄す罪ぞかなしき            衣

  なにゆゑか雑魚の命もいとほしく         花

   しはぶきひとつ冬空の下             梯

  凩の吹くもふかぬもうき名にて           舎

   ただ身すがらに慕ひ来ぬれば          草

  いくたびの闇をくぐりて秋の月           歳

   まつりごとには稲の穂をつみ           風

  小牡鹿の声聞く里の直会に             姫

   色なき風のわたる平城山                月

  いにしへを知るは樟ばかりなり           衣

   位捨つれば人も問ひ来ず             歳
  




 

 

 

進行表はこちら

 









コメント(56)