So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電脳千句第7  賦何水百韻  四折裏  2016.10.24~2017.11.6

code1.jpg


     冠や裃要らぬ嬉しさよ               梯

     さても今宵は箏(こと)など聞きに       花

    つつがなく帰りきませと門口に           草

      なごりの雲の行くもすずしき           舎

   湧く水に胸の透きゆく時を得て           風

     かづらの橋を揺らす春風            香

   咲き満つる神代の花のめでたさに         月

     日のあたたかく鶯の声              姫
   

   

      




 

  

   <進行表はこちら

 








コメント(35)