So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電脳千句第7  賦何水百韻  通し  2016.10.24~2017.11.6

hyakaenF20171126.jpg


1折表

秋風や雲うち払ひ山尖る           楽歳

   つるぎを照らす月はいざよひ        羽衣

  文机にすすきひともと置かれゐて       路花

近づく冬の足音をきく           夢梯

  ゆるらかに磯わたりゆく田鶴のこゑ      蘭舎

   水棹のしづく散らす潮々          千草

  つぶれ石並べて遊ぶ子らの居り        遊香

   明けて涼しきるり色の空          梢風

1折裏

   大路ゆく網代車の物見窓           朝姫

   揺るるがままに夢のあとさき        如月

  契りきや花の舞ひ込む去年の里         衣

  思ひ募れば陽炎の燃ゆ            歳

   やはらかな牧を駆けゆく春の駒         梯

    萌黄匂の裾のゆらぎて            花

   折節はこころなきみも目を細め         草

    霧のしじまに盃を受く            舎

   かたわれの月を迎ふる高館に          風

  鳴くを忘れし虫のひと籠           香

   尼削ぎのみ髪傾げてをさな顔          月

    あな麗しき水茎のあと            姫

   濃く薄く心のうちをうつしける         歳

     つがはぬ鴛鴦をしのぶ独り寝         衣

2折表

    憂きことの重なるあした霜白く         花

    心づよきは老いの方人(かたうど)      梯      

此の山を越えば信濃のつかまの湯        舎

    み寺のいらか若葉がくれに          草

   連れ立ちてつつましげなる蝸牛         香

    たはむれせんと生れ出づる世         風

   たらちねの母の刺し子の麻の葉も        姫

    片時去らず想ふよすがに           月

鮎落ちて京(みやこ)に近き皿の上        衣

    訪ふ里の鶉鳴く宿              歳

   琵琶の音に誘はれ仰ぐのちの月         梯

    揺らす人なき柴の戸の揺れ          花

   うつし世にかなはぬ恋と知りながら       草

    なみだの川に架かる継ぎ橋          舎

2折裏

   くたびれて寝ぬる合間を夕さりぬ        風

    事あり顔を見るも見ざるも          香

  まほらまの山辺のみち鐘かすみ         月

    水温むころ旅立ちし人            姫

   墨染めに花のひとひら舞ひおちて        歳

    夢のまにまに蝶のたはぶれ          衣

   髪さげし乙女子の声はんなりと         花

    撫で育てしを奪ひゆくきみ          梯

   常夏にたゞ隔てじと慣へども          舎

    あけやすき夜の月はいづちに         草

   ひたひたと山の魑魅(すだま)の近づくや    香

    いをなどを食ふ者のすさまじ         風

   外つ國の銀(しろがね)の匙磨きつつ      姫

    閼伽水汲める古渡りの椀(まり)       月

3折表

   微かなるいくさの声は風に乗り         衣

    ひとのこころのやみのふかさよ        歳

   やがてみな西の涯へと往くものを        梯

    こゑも細りし冬の蚊なれば          花

   黒髪の冷たく重く寝もやらで          草

    ぬば玉の夜の衣返しつ             舎

   うたてしと起きて来る子のしらみぐさ        

    秋のいで湯に流すしがらみ          香

   産土神の千木に遊べる昼の月          月

    かそけき音は光より生(あ)れ        姫

   歌よみのあづま下りのつらねうた        歳

    僅か濁れるもてなしの酒           衣

   厨には菜を切る音のよくひびき         花

    手毬つく子のすがた優しく          梯

3折裏

   遠山に東風のたよりのとどくらん        舎

    おびただしくも青柳の糸           草

   すいすいと飛べる燕のうらやまし        香

    などて翁は籠を作るや            風

   忘れ得ぬ薫り残りし玉手箱           姫

    ほのと紅色てのひらの貝           月

   しらじらと明くる月夜のかたみとは       衣

    またの逢瀬を契る七夕            歳

     ひとり居の宿に侘しき遠砧           梯

    やすらふうちに時は過ぎ行き         歳

   物語書きはじめむと紙と筆           草

    あくがれあかす花のあだし野         舎

   みやこより流行り始める春着あり        風

    鄙の弥生に何ぞ求めむ               香

4折表

   引鶴に絡繰り唐子逆立し            月

    かいやぐら消え雲の棚引く          姫

   この浦に今朝も小舟で漕ぎ出でて        歳

    糸たぐり寄す罪ぞかなしき          衣

   なにゆゑか雑魚の命もいとほしく        花

    しはぶきひとつ冬空の下           梯

   凩の吹くもふかぬもうき名にて         舎

    ただ身すがらに慕ひ来ぬれば         草

   いくたびの闇をくぐりて秋の月         歳

    まつりごとには稲の穂をつみ         風

   小牡鹿の声聞く里の直会に           姫

    色なき風のわたる平城山           月

   いにしへを知るは樟ばかりなり         衣

    位捨つれば人も問ひ来ず           歳

4折裏

   冠や裃要らぬ嬉しさよ             梯

    さても今宵は箏(こと)など聞きに      花

   つつがなく帰りきませと門口に         草

    なごりの雲の行くもすずしき         舎  

湧く水に胸の透きゆく時を得て         風

 かづらの橋を揺らす春風           香

   咲き満つる神代の花のめでたさに             月

      日のあたたかく鶯の声                   姫

 

 

進行表はこちら

 

 


コメント(19)