So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電脳網千句第8 賦何垣百韻 1折裏 2018.1.7~

sakuratsubomi.jpg


  かげろふを見つめ盃さしいだし        路花
   訪ふものはただ秋の風           朝姫
  もののふの夢のあとなる関の扉に       月
   うみは鏡のごとくかがやく         草
  いさぎよく船出のときと告げたきを      香
   妃と誇り奪ひかへさむ           歳 
  いたはしや千と一つの夜を泣きて       舎
   枕にこめし思ひさまざま            梯
  襲(かさね)たる花のくれなゐ綻ぶも      衣
   筆持つ庭にあは雪ぞふる           風
  深山へと蝶の誘ふ道ゆかば           姫
   ふと懐かしき鄙歌の節             花
  潮干珠潮満珠の月涼し             草
   泥絵ゆらして宵宮の灯の            月
    


 

 

 

 

    <<進行表はこちら>>










コメント(52)