So-net無料ブログ作成

電脳網千句第8 賦何垣百韻 2折表 2018.1.7~

okutamamidori.jpg


  おどろおどろ陸奥のねぷたの浮かび出で      歳
   などて真直に狐花生ふ                香
  人住まぬ家に佇めば鶉なく              梯
   野分のあとのひとすぢの雲             舎
  かははらに流れしものを見てゐたり        風
   ただ朽ちぬるも定めなるらむ            衣
  されどわが胸に寄りくる子のありて         花
   まなこの映す小さきまことに            姫
  星屑の陸に墜ちつつ空を恋ひ           月 
   はるけくしのぶ隼の旅               草
  山守の足どり残す霜の道             香
   薪あたまになに語り行く             歳
  月の舟ほのかに傾ぐ夕まぐれ           舎
   荻のささやく野は末枯れて            梯
    
  

   



  

    <<進行表はこちら>>

 






コメント(57)