So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電脳網千句第8 賦何垣百韻 2折裏 2018.1.7~

lukeplaza3.jpg 

 

   つまもまた衣うつ音きくならん        衣
    旅にあらねど旅のこころを         風
   棹さしてうつせみの世を渡りゆく      姫
    ときに早瀬の浮きつ沈みつ        歳
   言の葉のことなる端のおもしろく      草
    かぎろふ辺り馬を追ひつつ        月
   思ふどち永きひと日を遊び和ぐ       梯
    蝶舞ふ里に花も舞ひ初め         舎
   旗の音混じりて風のおぼろなる       風
    御(み)しるしなきもとぶらひて候     衣
   僧ひとり荒野の冬の月の道         歳
    打ち棄てし名の口惜しき夜        姫
   白湯そそぐ器に深き藍のいろ        香
    まつさととあるしもうさの邑(むら)    草
    






     


 

       





  

 

 

 

    <<進行表はこちら>>

 


コメント(44)