So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電脳網千句第8 賦何垣百韻 3折表  2018.1.7~

seoulM1.jpg


   真間の井に汲めるをとめご嫋やかに    月
    木下闇にますらをの待つ          梯
   みやまぢは雨にやならむ風のいろ      舎
    鳴きながらゆくからす三つ四つ       風
   神垣に祝詞あがればつゝがなく       衣
    祠に初穂奉る秋                歳
   蔦紅葉人は知らねど色映えて        姫
    何処へ止まるやとんばうの翅       香
   いつのまに涙にむせぶまむまろき月    草

     仄かに揺れて詩となるらむ         月
   浜風に塩やく煙たなびきて          梯
    日暮近づき募るこひしさ           舎
   世にあらば幾年のちの逢瀬あれ      風
    
折り目正しく結ぶ玉梓            衣
     


      


  




 

 

 

 

    <<進行表はこちら>>

 

 


コメント(74)