So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電脳網千句第8 賦何垣百韻 4折表    2018.1.7~

 cabbage.jpg

     古き壺ひとつ掘りあて抱きゆく      梯
      野には朝陽の静やかに射し      舎
     くたかけの声の力をうれしとも      風
      筆にこめたるたましひのいろ      衣
     海越えて流さるる今日濃き愁ひ     歳
      ゆるさぬことをゆるされてをり      姫
     冬枯れの枝を手折りて火にくぶる    香
      毛衣を縫ふ刀自が鄙歌         草
     山がつの垣訪ふものは風ばかり    月
      季の移ろひ空に問ひかけ        梯
     井に汲める若水に月鎮もりて       舎
      春の一字を掛けしやはらぎ       風
     あはれにもをかしき種を蒔くこゝろ    衣
      熊野烏の鳴かぬ日はなし        歳
       

  

 

 

  


 

 


    <<進行表はこちら>>

 

 

 


コメント(47)