So-net無料ブログ作成

電脳網千句第8  賦何垣百韻  4折裏  2018.1.7~2019.1.15

marrakechhotel.jpg

  
  ぜえぜえと荒るる喉を宥めつつ        姫
   遠く聞こゆる飴売りの声           香
  静けさのきはみの底の忘れ河        草
   伏せし想ひのときにせきあげ        月
  ながらへし者こそあはれ徒野に        梯
   すゞろに綴る方丈の日記           舎
  璞の言葉を磨く花の朝             風
   ひかり放ちてのぼる若鮎           衣      
   
 
    
  

 

 

 

 

 

 

    <<進行表はこちら>>

 

 

 


コメント(53)