So-net無料ブログ作成

電脳網千句第9 賦白何百韻 1折裏 2019.2.1~

  tohaku201902E.jpg       

           書きぶりの美しき真名手習へる    千草
          いと賢しげに結ぶ口元         月
        陽は西に扇をかざす夏衣         歳
          銘をつけよとたまはりし鉢       風
        よろこぶもなげくもいつか時すぎて    舎
          松の千年をよぎる花びら        衣
        入り江より眺むる富士の薄霞       舎
          暦めくりて新しき春            香
        触れ待ちて心なぎたる振りもせで     姫
          惜しくもあらぬ文殻の数         草
        おとなひし庵の主の臈長けて       月
          そのもてなしのまつむしのこゑ     歳
        


        ゆくりなく風にすすきの渦生(あ)れぬ   梢風
       乞はるれば秋の扇にうたを書き     




 




このあと


    蘭舎→羽衣→夢梯→遊香→朝姫→千草→如月→楽歳→梢風
 


コメント(49) 

電脳網千句第9 賦白何百韻  1折表 2019.2.1~

yukitsuririikugien.jpg


     雪吊や六義(むくさ)の苑の澪つくし   如月
     春立ちぬれどなほ年の内       楽歳
   曳かれゆく車はかろき音をもちて     梢風
     うたあはせとて身なり整へ       蘭舎
   畳なはる山を清めし初あらし        羽衣
     険しき径に谷紅葉追ふ         夢梯
   雲晴れて月をしるべに頼りたき       遊香
     ほとほとと戸を叩く旅人         朝姫
    


 



   











コメント(23)